地元鳥越産そば粉につなぎ(小麦粉)を入れた「二八の手打ちそば」を、
班員で協力し合って作ることの楽しさを味わいます。
基本的には「もりそば(ざるそば)」ですが、季節や団体の希望次第では
「かけそば」にもできます。



活動場所
 基本的には集会室で行いますが、他団体との兼ね合いやグループ数によって、
 食堂、和室で行う場合もあります。


活動時間
 2〜3時間
  昼食とあわせて行ってください。

団体(各自)が用意するもの
 エプロン、ずきん(バンダナ)、
 ふきん(グループ2枚)
  他の用具・材料は全て自然の家で用意します。

  1グループ4〜6名で編成しておいてください。

引率者の役割
  巡回指導、ゆで係、食堂案内

実施にあたって
 1.用具を準備します

 2.所員が作り方の説明をします(実演を含む)
 3.そばを打つ
    粉をまぜあわせて、こねる、のばす、切るまでは集会室で行います。
    適時片づけも行います。
 4.ゆで、洗い
    ゆで、洗いは食堂で行います。
      (食堂に行く時点で、ざる・皿以外の片づけは全て完了しています。) 
 5.洗いが終わったら、グループごとにすぐ食べます。

 6.食べ終わってから、のこりの用具を片づけます。

その他

・そば粉は地元鳥越産を使っています。
・改良を重ねて、従来よりおいしく上手に打てるようになりました。
・そばうちは子どもにとって非常に難しい活動です。
 引率の方もできるだけグループに入るか巡回指導を行ってください。

・ゆでる、洗う部分については職員または引率の方が中心に行います。
・ゆでたすぐに食べないとおいしくありません。できたグループごとに
 すぐ食べてください。
・雨の日のサブメニューとしても行うことができます。


                        

白少そば(入門編)

                                                 

                                                             白山ろく少年自然の家