白少うどん(入門編)

白山ろく少年自然の家のうどんは冷やし・温かいどちらもできます。
自分たちで茹で「釜揚げ」にもできます。

オプションとして自分たちで採ってきた野草を天ぷらにして「山菜天ぷらうどん」や
大ヨモギと呼ばれる山のヨモギを混ぜた本格的「手打ちヨモギうどん」もできます。



活動場所
 基本的には集会室で行いますが、他団体との兼ね合いやグループ数によって、
 食堂、和室で行う場合もあります。


活動時間
 2〜3時間
  昼食とあわせて行ってください。

団体(各自)が用意するもの
 エプロン、ずきん(バンダナ)、ふきん(グループ2枚)。
 他の用具・材料は全て自然の家で用意します。

 1グループ4〜6名のグループが基本となります。

引率者の役割
 ・巡回指導、(天ぷら係)

実施にあたって
 1.用具を準備します

 2.所員が作り方の説明をします(実演を含む)
 3.うどんを打つ
    粉をまぜあわせて、こねる、ねかす、のばす、切る、ゆで、洗い。
    食べるまでを集会室で行います。(場所がかわる場合もあります)

    適時片づけも行います。
 4.洗いが終わったら、グループごとにすぐ食べます。
 5.食べ終わってから、のこりの用具を片づけます。

その他

・雨の日のサブメニューとしても行うことができます。
・ゆでるのに時間がかかりますので、グループ数が多いときは、
 グループごとにゆでるのが基本となります。
 (グループ数が少ない時は、食堂で「ゆで」「あらい」をすることもできます)
・途中「ねかす」時間が必要です。その時間中に外へでて野草を採ってきて、
 それを天ぷらにして食べる「山菜天ぷら」もできます(少人数の場合)。
 但し、この場合引率の方に天ぷらの作業を行っていただきます。
                            

                                                 

 白山ろく少年自然の家