ミステリーゾーン(峠コース)
 
 一般的に言う「きもだめし」です。自然の家では、従来からのおどかし役を使う「お化け屋敷型」ではなく、夜の自然の森の怖さを実感する「ナイトハイク型」をお勧めします。本来、闇の持つ怖さ・神秘さを身をもって体験しましょう。

*2017年4月〜  大規模な伐採があり、コースの後半が明るくなったため、現在峠コースは使用していません。


活動場所

 自然の家を出て国道を一里野方向へ徒歩で8分(約600m)の所の鉄塔がスタート地点。通称「ヤリの先」下の山道を、途中の雑木林・杉林を通り最後に杉林を通って、自然の家向かいの国土交通省の裏に出る。国道を渡り、自然の家がゴール。(略図参照)
 
 コース・・
全長1.2q,20分のコース

活動時間

 2時間程度(グループ数により異なります)
       ※自然の家〜スタート地点〜ゴール地点(自然の家)を一通り
        回るだけで40〜50分かかります。

団体(各自)が用意するもの

 ・指導者や応援の人は各自懐中電灯を用意してください。
  (子どもには懐中電灯は持たせないようにしてください)
  ・1グループ3〜4人のグループを編成しておいてください。  

引率者の役割

・スタート係、ゴール係、安全係(コース途中に2〜3名)
 ・コースは山道なので、必要に応じて下見を行ってください。

実施にあたって
・グループに1個ちょうちんをお貸しします。

・電球は移動中は消灯し、スタート直前に点灯、ゴール直後に消灯してください。
・グループ毎に4〜5分間隔でスタートします。
・途中で「おふだ」をとるイベントができます。
・地元に伝わるこわい話の本は受付にあります。

・足元が不安定な個所が多いので注意してください。(溝に落ちないように)