ジオツアー

白山展望の山

標高891m、白抜山の登山です。山頂からは手取湖と白山を見ることができます。でく新道A・B、Cの3コースがあります。標高が高くないため、夏季の日中は暑いのでお勧めできません。登山を実施する際には「その他」をお読みになり、楽しい登山になるよう計画を立ててください。
活動費不要
雨天開催
所要時間どのコースを使ってもほぼ1日の活動となります。
活動場所<白抜山> 東二口の集落にでく新道A、でく新道B、Cコースの登山口があります。東二口まではバスでの移動となります。 ・でく新道Aコース(2.4Km)自然味いっぱいのコースです。 ・でく新道Bコース(3.0Km)途中にみずばしょう群生地があります。 ・Cコース(4.8Km)緊急時の迂回コースです。 ・登山コースは でく A⇒頂上⇒でく B or でく B⇒頂上⇒でく A(帰りバス)が一般的です。 ・山頂は狭いので大きな団体は窮屈になります。 ・現在、でく新道 B の下部(地図上の×の部分)は通行できませんので AB 共通となります。

団体(各自)が用意するもの

・登山に適した服装(季節による)
※登山には季節を問わず長ズボンが適していますが、デニムはお勧めできません。
・ズック ・雨具 ・リュック ・水筒 ・タオル ・軍手(下山時使用)等
※ガスセットを使う場合は追加で
・水を入れた500ml ペットボトル ・カップ麺 ・マグカップ ・はし等

引率者の役割

・安全留意

・緊急車両運転

・昼食の指示

実施にあたって

・途中トイレがありませんので、活動前に必ずすませておいてください。
・ガスセット(バーナー、コッヘル、ボンべ)をお貸しできます。
頂上で昼食と一緒にカップ麺などの汁物はいかがですか?(1人50円)大好評!
・ABCコースはいずれも自然の家~東二口間はバス移動となります。
・ 携帯電話は通話可能です。

その他

◆白抜山登山地図◆

【登山活動を実施される団体の方へ】
自然の家では夏季にたくさんの団体が登山を実施しています。登山は教育活動として非常に価値が高いと思われますが、指導者の意識一つで子どもたちの様子がかなり違って来ます。以下、当自然の家がお勧めする登山について紹介しますので、参考にしてください。

1、頂上に立つことだけが登山の目的ではありません。
学校登山によくあるケースですが、いわゆる「ピークハンティング」と呼ばれる克服型の登山形態は登山の一つの形として確立していますが、当自然の家ではお勧めしていません。確かに頂上に立った時の達成感は素晴らしいものがありますが、それのみが登山の楽しみではないのです。
2、道草のススメ
ではどんな登山が良いかというと、一言で言えば「発見」のある登山です。歩いている中で道端の地形や草木や鳥、或いはアニマルサイン(動物がいた証拠)に気づくことが「発見」です。何かを発見した時に立ち止まること、つまり道草ができる登山が、非常に楽しく子どもたちの感性に働きかけるものとなるのです。集団登山の場合でも道草ができる余裕を持つことで登山の楽しみが格段に大きくなります。
3、より楽しくするために
登山の大きな楽しみの一つが頂上で食べるおいしいお弁当であることは間違いありません。登山中は五感が敏感になっており、素晴らしい景色や達成感とあいまってお昼ご飯がとってもおいしく感じられるのです。そこにいわゆる「汁物」(カップ面や味噌汁など)があるとその美味しさは倍増します。自然の家ではお湯を沸かす道具(ガスバーナーセット)をレンタルしています( 1 人50円)ので是非ご利用ください。
4、季節限定の楽しみ
各コースにはそれぞれ季節限定の楽しみがあります。春の山菜、水芭蕉の群生、残雪の白山展望、昆虫、アサギマダラ、秋の木の実や紅葉など・・・それらを登山中のイベントとして取り入れるといっそう楽しい登山となるでしょう。山の様子はその年によって違いますので所員にご相談ください。

登山を通して子どもたちに何を伝えるか、それは「五感をフルに活用して自然を体全体で感じる」ことではないでしょうか

ac_unit 冬季利用について