しみずっちの窓から㉒                     ~ グローバルキャンプin白山 ~

令和4年(2022年)11月1日

グローバルキャンプin白山(10/29~30)

11月に入りました。ここ白山麓も、最低気温10度を下回る日が多くなってきました。紅葉前線も麓まで下りてきたようで施設周辺の樹木も秋色に染まっています。

そのような中、当施設では先日(10/29~30)、いしかわ子ども自然学校「グローバルキャンプ」を開催いたしました。定員を大きく超える応募者の中、県内各地から小学校5・6年生35名が集い、外国人のゲストティチャーのみなさんとの宿泊体験活動を通して、異文化に触れる機会を楽しみました。

活動プログラムとして、1日目に、韓国、フィリピン、インドネシア、タイ、スペインを母国とするゲストティチャーより、それぞれの国の文化(遊び)や生活習慣を、ゲームなども交えながら学びました。参加した子どもたちは、日本とは異なる文化に興味津々で、時折その国の言葉も使いながら楽しく活動していました。2日目は、日本の食文化となる、手打ちうどん作り(白少うどんづくりと命名しています)をゲストティーチャーの方々といっしょになって取り組みました。麺の太さにはグループにより個性がありましたが、どのグループも協力して上手に出来、美味しく食べることが出来たようです。

参加した子どもたちのふり返り感想を見ると、異なる文化や他国との交流についていっそう意識が高まったようです。主催した私たちとしても大変嬉しく感じました。こうした体験プログラムを通して、それぞれの国の違いや良さを認め合い、人種や民族を超えた真の交流、平和を築く大切さについてより考えを深めてほしいと思いました。加えて、このようなプログラムに参加できた「チャレンジ精神」を今後も大事に持ち続け、自分自身をより豊かに成長させていってほしいと願っています。

ファイトです!世界の未来を担う子どもたち!!

写真①外国の遊び(韓国:「チャング」という太鼓体験)

写真②外国の遊び(スペインの遊び「ラオカ」)

写真③外国の遊び(インドネシアの遊び「チョンコラ」)

写真④外国の生活(フィリピンのお金*紙幣)

写真⑤外国の文化(タイの民族舞踊)

写真⑥白少うどんづくり

 

ac_unit 冬季利用について